ARCHIVE

日本都市計画学会にて弊社代表の研究論文が採用となり、北海道大学で開催される学会で発表致します。

17-09-18

「シンガポールにおけるカジノ合法化検討課程に関する研究」

11月に北海道で行われる日本都市計画学会において論文の発表を致します。

http://www.cpij.or.jp/com/ac/articles/ac.html

日本においても昨年末に「IR推進法」が可決し、現在「IR実施法」に向けて議論が行われています。一般的には、終始社会的リスクに関しての議論が争点になりがちですが、都市計画の観点や観光産業の観点からも活発な議論が行われるべきであると考え、その一助となるための研究を行いました。

研究概要は、IRにおいてカジノを合法化したシンガポールにおける合法化課程に焦点を当て、同国のカジノ合法化が建国当初の1965年より否決されてきた歴史を、都市計画、観光産業の歴史と照らし合わせる事によって、今までにない観点でカジノ合法化課程を明示しました。その中で観光産業、都市計画上の有意義な知見を導き出す事を研究の目的としました。

※詳細に関しましては発表後に改めてご報告致します。

「The process of examinations for legalizing casinos in Singapore」

In this paper, I examine the changing nature of the Integrated Resorts (IR) debate by comparing the statement given by Singaporean Prime Minister Lee Hsien Loong on the 18th of April, 2005, to previous history of the Urban Redevelopment Authority and Singapore Tourism on the Board as provided by the Singaporean Diet. These records are then used together to deeply analyze the complex global and local forces which have contributed to legalization of IR having been denied four consecutive times in Singapore’s history. Further, the purpose of this research is to obtain knowledge in terms of city planning and tourism by examining how those are related to each other. Finally, I relate my findings to the current Japanese IR legalization debate, and in doing so provide a procedural framework that may be learned from and built upon within the Japanese context.